マージン率について

マージン率とは

マージン率とは、派遣先から受け取る派遣料金に占める、派遣料金と派遣労働者に支払う賃金の差額の割合のことです。
マージン率等の情報公開は、法律で義務づけられています。

派遣料金のマージン率

マージン率は次のような内訳となっております。
(派遣先から受け取る派遣料金を100%とした場合)

スタッフ(派遣者)の賃金
約 70%
社会保険料
14%
スタッフ(派遣者)の有給休暇用
2%
会社運営費
10%
営業利益
4%
100%

マージン率グラフ

 

1番多く占めるのはスタッフ(派遣者)の給与で料金総額の約70%です。
次いで雇用主(弊社)が負担する、社会保険(雇用保険・厚生年金・健康保険等)が、約14%となります。
スタッフ(派遣者)が有給休暇を取得する際、就業先に料金請求はしませんが、会社としては賃金の支払いが生じるため、引当分としての費用が含まれます。
その他、営業担当者の人件費、募集費用など会社運営の経費がかかります。
以上を差し引いた残りの約4%が、弊社の営業利益となります。